不動産担保ローンの買い取り屋

買い取り業者と買い取り屋の違いを知っていますか!?

不動産担保ローンを取り巻く業種

不動産担保ローンの買い取り屋

不動産担保ローンを取り巻く業種には、様々なものがあります。

危険な業種もあります。

その中の買い取り屋と言われる業種を説明します。

一般的な買い取り業者は、競売などの方法で、中古物件を買い取って、リフォーム等を行い、通常価格か少し高い価格で販売するリサイクル業者みたいなものです。

最近は、横文字の会社名などにして、オシャレなHPで宣伝しています。

買い取り会社の営業は、不動産業者を訪問して、パンフレットを配ったりしています。

…ここまでが、一般的な買い取り業者です。

しかし、不動産担保ローンの世界には、買い取り屋という方々がいらっしゃいます。

「買い取り業者」と「買い取り屋」…名前だけみると企業がやっているか個人がやっているかの違いに見えますが、やっている事は全然違います。

その買い取り屋とは、お金に困って不動産担保ローンを組もうかと悩んでいる多重債務者に近づいて、債務者が持っているカードで、高額な家電や金券を大量に購入させたのを3〜4割の値段で買い取り、それを融資にしてくる業者です。

これに引っかかると、借金の返済の期日は、のばせますが、カードの支払いは債務者なため、さらに、借金が増えてしまいます。

お気をつけ下さい。

【参考】「上手に不動産担保ローンを」http://ekidentarragona.com/


Copyright (C) www.socialphx.com. All Rights Reserved.

不動産担保ローンを取り巻く業種